移動販売の日程&あれこれ・・ RAKU CAFE お問い合わせ先 shopgenjiro@gmail.com

by げんのじ

出店者募集情報!ボヌール・マルシェ(敦賀)

Craft 木ひか 主催
敦賀市 きらめきみなと館にて
4月21日(日)
前日搬入可

資料請求

福井県敦賀市での開催です。
残念なことに、地元開催にも関わらず、地元の出店者が少ないこと!

一次募集で、まずは福井の方から優先に。と募ってくださっていたのに
二次募集に入ってしまいました。
全国にネットワークを持つ木ひかさんですから、あっという間にいっぱいになってしますかもしれません。(仲良しクラブではなく、切磋琢磨するネットワークです)

イベントは、毎回挑戦!チャレンジだと思います。
間違いなく大勢のお客様が来場する。売れるというのは幻想です。
作家として、意識の高い方は、
どのイベントにも、リスクを背負いながら
目標やテーマを持って、出店されます。
そして、新たな人や物との出会い。発見やヒント、課題を見つけて帰っていかれます。
真剣勝負です。

今回の敦賀でも、そういった意識の高い方たちが出店されます。
福井の作家さん達にとっても、大きなチャンスだと思います。
作品やディスプレイ、接客や態度、価格帯など、刺激を受けることばかりだと思います。


出店料も、いろんな作家さんたちを精査するものです。
低すぎては、いろんな意識の低い方たちばかりのイベントになってしまいます。
まず、そこを乗り越えてチャレンジできる意識の高い作家さんに出店してもらいたい。というハードルです。
小さい狭い福井だけを見ていても、やっぱり小さくまとまるだけに終わると思います。
これはいろんな分野にも言えることかもしれません。

地元開催のイベントは、地元のみんなで良いイベントにしていかなければいけませんし、
続けていかなければなりません。
出店の競争率が高くなって、みんなが競い合って勝ち取るべきだと思います。

福井は、以前よりは少しは良くなってきたかなと思ってましたが、この現状を知ると本当に残念です。
レベルが低いね。って言われても仕方ないのかもしれません。
これは、作品のクオリティーではなくて、意識の部分です。
二番せんじもいけません。

ふくいの小さな手作り展でも、多くの県外からの出店者さんがいらっしゃいます。
頼んでもいないのに、搬出時などは最後の最後まで、手伝ってくださいます。
お疲れだろうし、終わったら一刻も早く帰りたいだろうに、掃除までしてくださいます。
本当に素晴らしいです。

これを言って、地元の方にそこまでして欲しいと思っているわけではありません。
ただ、こういうところにも意識の差が出るんだと思います。
こういう方たちには不満や文句はでません。

なんだか偉そうに書いてしまいましたが、普段感じていることを今回のことで書かずにはいられなくなってしまいました。

長々とごめんなさい。
[PR]
by shop-genjiro | 2013-01-23 22:50